母の日参り第1回手紙コンクール

ご存じですか 「母の日」のはじまりSTORY

5月の第2日曜日は「母の日」。母親への日頃の感謝を表す日として親しまれていますが、この記念日、実は20世紀初頭のアメリカで生まれたものだそうです。

きっかけは、当時フィラデルフィアに住む、母親想いの女性、アンナ・ジャービスでした。彼女の母親は南北戦争中に傷ついた両軍の兵士たちを救援・看護し続けた献身の人であり、1905年5月に他界。アンナは敬愛してやまない亡き母を偲ぶ日々の中で、世の母親に感謝を表す記念日づくりを思いたちます。

彼女の構想に共鳴した周囲の助力もあり、1908年5月10日、アンナの母が長年教鞭をとっていたウェストバージニア州グラフトンの教会で「母の日」を祝う会が催され、アンナは母が好きだった白いカーネーションの花を祭壇に捧げました。この時が公的な最初の「母の日」といわれます。

アンナ・ジャービス

亡き母を偲ぶ心から始まった「母の日」の輪は、やがて米国全土に広がり、ついには1914年、ウィルソン政権下の連邦議会で5月の第2日曜日を「母の日」と定める法律が可決され、翌1915年の施行によって初めて国家規模で認められた「母親のための記念日」誕生となりました。

同年、日本でも青山学院大学のアレクサンダー教授によって初めて「母の日」を祝う行事が紹介されたと伝えられますが、一般には戦後の1947年、米国に倣って5月の第2日曜日を「母の日」と制定されたと言われ、以来、全国的な行事として知られるようになりました。

「母の日参り」へのいざない 母の日物語